顎関節症に関係のある本

あごが痛い口が開かない


あごが痛い、口が開かない

この「あごが痛い、口が開かない」と言う本は、
NHKの人気の健康番組「今日の健康」で、の顎関節症の特集が行われたときに、かかれたものです。

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状や治療を、実際のケースをあげながら、わかりやすく説明してあります。

若い女性に増えている顎(がく)関節症
自己チェック・症状・発症のメカニズム・検査・診断
顎関節症の治療法
などが書かれています。

2000年にかかれて本なので、ちょっと古いかも知れませんが、基本的なことがわかりやすくかかれています。

歯医者さんに行ったら病気になった?!


歯医者さんに行ったら病気になった?!

この「歯医者さんに行ったら病気になった?!」と言う本は、

歯の咬み合わせのずれが、引き起こす病気のことを解説している本です。
たとえば、
頭痛、肩こり、腰痛、疲労感、手足のしびれや痛み、ヘルニア、耳鳴り、難聴、めまい、立ちくらみ、涙目などがかんがえられます。歯の咬み合わせのずれが、このような症状の原因となることがあるんです。

原因不明のこのような症状があれば、顎関節症を疑ってみよう。4人に1人がかかっているといわれる顎関節症は、いまや虫歯、歯周病と並んで歯科の三大疾病のひとつに数えられるほどの病気です、。

この「歯医者さんに行ったら虫歯になった?!」では、著者自ら顎関節症と苦闘し、新しい治療法を確立した著者が、歯科治療や矯正で起こる咬み合わせのズレ、正しい診断法や治療法、かむことの大切さなど、歯と体の関係について多数の事例を交えてわかりやすく解説しています。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。